FC2ブログ

京都朝鮮中高級学校 吹奏楽部の活動

日常の部活動や練習予定、コンサートの案内などをお知らせします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
昼休憩の時間に、少し音出しする時間を貰えたんで、ウォーミングアップと、セクション別の確認をしました。

その後、外でブレスや歌合奏を行い、いざ本番。
DSC04831.jpg
DSC04832.jpg
DSC04833.jpg
DSC04839.jpg














2日前、学校での最後の録音の演奏が厳しい仕上がりでして、前日、東京第2ハッキョでの録音がバッチリでした。

さぁ本番はどうなることかと思いましたが、みんな充分にチカラを発揮しました。

『努力は裏切らない。』

という言葉がありますが、努力の量と自信が比例したらいいんですが、なかなか謙虚なウリ部員達なので、細かく見たら、まだまだな部分もありました。

合奏部門も終わり、OBソンベやオモニ達から、芸術小組発表会の時はどうなる事かと心配したけど、良い演奏やったと、感想を聞けました。

そもそも遠く京都から東京まで応援に来てくださるだけでも、ホンマ有難い話です!

幸せなソジョやなぁと強く思います。

トンポサランという部分と同時に、部員達の努力の結果でしょうし、日頃の活動の成果と言ってもいいですよね。



終わってからは、洋楽器部門・毎年恒例の大合奏。

DSC04849.jpg
DSC04851.jpg
DSC04852.jpg
DSC04854.jpg
DSC04855.jpg












300人の前で話すのは緊張もしたでしょうが、主将の挨拶の言葉は重みがありましたね。

ビシッと決まってました。

有形の文化は、ある程度お金かけたら残せるんですが、無形の文化というのは、そう簡単には残せないですよね。

しかも、このチュンアン大会では各校オリジナル曲を創作していたりで、もはや新しい文化を築いてるといっても過言ではなさそうです。

ウリハッキョに通ってウリ音楽に触れ、吹奏楽部に携わった人間として、これからもこのような文化を守って行きたい、と思えるって素晴らしいですよね。

6年間の活動の結果、自然とそう思うようになったということに感動です。

一口に『6年間』言いましても、お茶作らされてたり、朝掃除やら朝練やら、理不尽な内容で責められたり、怒られたり、大変な経験もいっぱいしたと思いますが、ほとんどの高3が人生最後の競演大会となるこの舞台が、これからも続くように、もっともっと発展させられるように、頑張ってかななーと素直に思いました。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kyotocoreabrass.blog107.fc2.com/tb.php/537-99cace81

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。