京都朝鮮中高級学校 吹奏楽部の活動

日常の部活動や練習予定、コンサートの案内などをお知らせします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
卒業式も終わり、完全に試験モードとなりました。

3学期は中間テストも無いので、成績表に反映される期末試験の割合もデカイんです。

数字で人間の全てを計れるとは全く思いませんが、数字に出来る能力も生きていく上では必要なんですよね。

『優秀な吹奏楽部』でしたが、ここ最近『優秀(?)な吹奏楽部』となってきましたので、ここいらで挽回できたらと思います(笑)

DSC05104.jpg













吹奏楽部のメンバーが勉強してる間、顧問はコンクール自由曲のアレンジに取り掛かってます。

来年度のコンクールは、チョンスイル先生が作曲された『고동』をさせていただくことになりまして、そのアレンジです。(快諾していただきコマッスミダ!!)

まず、千先生が作曲された当時の神戸朝高が50人ぐらいに対して、今のウリ吹奏楽部は20数人。

そこで編成上、足りない音が無いように、音を再配置しています。

もうひとつは、元が8分ちょっとの曲なので、制限時間の関係で、どこかをカットする必要があるんです。

ただ、どこを削っても、せっかくの美しい流れが損なわれるんですよね。

前者のアレンジは、それほど難しくないんですが、後者のアレンジが・・・

過去神戸朝高がコンクールでやった時のようにガッポリ前奏を削るか、過去京都中高や尼中がやった時のように2節をマルマル削るか、もしくはタイムオーバー覚悟で攻めるか・・・そりゃないか。

DSC05102.jpg













とにもかくにも春休みからはコンクールの練習を始められるように、メンバー達とはジャンルが違いますが、吹奏楽部一丸となって努力していきます。

DSC05103.jpg


















管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kyotocoreabrass.blog107.fc2.com/tb.php/560-83321f85

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。